食べた事ありますか篇

桃屋の「味付榨菜」は、そのままごはんのおかずやおつまみとして召し上がっても美味しいのですが、実はお料理の素材としても使える優れもの。なぜなら、桃屋の榨菜は重慶市涪陵(フーリン)の600m以上の高地で収穫した厳選された原料を、風干、塩漬けした後、甕に詰めて約1年間、発酵熟成させる伝統的製法で食感や旨みを引き出しているからです。塩漬けだけで作った他の榨菜との、この決定的な違いを伝えるために今回のCMを制作しました。 桃屋の「味付榨菜」を牛肉と炒めるだけで、あっという間に「牛肉と榨菜の炒め物」が完成。愛之助さんが、味の深みをかみしめて一言、「全然違う!」。 BGMに使用した→Pia-no-jaC←(ピアノジャック)の抑揚のあるリズムが、調理音や食感音を引き立て、食欲の高まる仕上がりになりました。どうぞお楽しみ下さい。

CM関連情報