HOME > 桃屋CM博物館 > 懐かしのCM

桃屋CM博物館

懐かしのCM

日本でテレビ局が開局した5年後の1958年。桃屋の「のり平アニメCM」の放映が始まりました。
これは、新聞の突き出し広告で好評だった“のり平さんの直筆のイラスト”をアニメ化したものです。 以来、半世紀に渡りこのアニメCMのシリーズは続いています。
このシリーズの特長は「駄洒落とパロディー」。そして、“七変化”ならぬ300以上のキャラクターにのり平さんが変身する楽しさも、醍醐味の一つです。
ここでは制作年代別に「のり平アニメCM」を展示しています。昭和から平成にかけて、それぞれの時代と共にのり平アニメCMが歩んできた道のりをご紹介致します。

年代別のり平CM


館内メニュー

  • CM博物館トップ
  • 近年の広告
  • 懐かしのCM
  • スタッフインタビュー
  • 桃屋と三木のり平

桃屋のオンラインショッピング「もものや」 安全・安心への取り組み  

株式会社 桃屋 (c)2008 momoya Co.,Ltd. All rights reserved.