栄養たっぷり!夏に食べたいさっぱりレシピ8選!

夏の暑さで食欲がないとき、さっぱりとしたメニューが食べたくなるという方も多いのではないでしょうか。 食欲がないからと食事を抜いてしまうと、さらに夏バテがひどくなる悪循環に陥ることもあります。 では、どのような料理が夏にぴったりなのでしょうか? 今回は、夏に食べたいさっぱりレシピや、夏バテ予防に役立つ食材について紹介します。


この記事は約6分で読み終わります。

夏に食べたいさっぱりレシピ!

暑い夏は、食欲がなくなったり疲れやすくなったりして、さっぱりしたものが食べたくなりますよね。「料理をする気力がない・・・」という方も多いと思います。

夏バテすると食欲がなくなって疲れやすくなりますが、そんなときには夏野菜(なす・きゅうり・トマトなど)や梅干し、薬味を使った料理がおすすめです。

また、酸味のあるものもさっぱりと食べることができるので、レシピに取り入れてみてください。

では、具体的にどのようなレシピが夏バテに最適なのでしょうか。

夏バテでも食べやすいレシピや夏バテ予防に役立つ栄養が摂取できるレシピを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

すだちそうめん

すだちそうめんは爽やかなキリッとした酸味が夏にぴったりで、そうめんののど越しも良く、食欲が落ちている夏におすすめのメニューです。

すだちにはビタミンCが豊富に含まれており、疲労回復や食欲増進効果があるとされています。まさに夏にぴったりの食材ですね。

桃屋の「醤油を使わずに厚削り一番だしと焼あごだしで仕上げた白だし」は上品な味わいで、すだちの爽やかさを引き立てます。

醤油を使用していないためすだちの色が映え、見た目も爽やかに仕上がります。

桃屋の「醤油を使わずに厚削り一番だしと焼あごだしで仕上げた白だし」は、厚削り一番だしに、さばぶしと焼あごのだしを合わせ、さらにちりめんやしいたけなどの旨みを加えた濃厚なだしです。

和風料理はもちろん、洋風料理の基礎調味料としても活用できるので、ぜひお試しください。

レシピはこちら

ねばねばそば

ねばねばそばは桃屋の「ごはんですよ!」を水に溶かすだけで味付けできます。

オクラや納豆などのねばねば食材をたくさん食べられるレシピです。オクラに含まれる栄養素のペクチンや納豆に含まれるレシチンが夏バテ予防に効果的です。

麺つゆを使わず、桃屋の「ごはんですよ!」で作る驚きのレシピを試してみてはいかがでしょうか。

味付けに使用する桃屋の「ごはんですよ!」は、のり佃煮の代名詞として、お子様からお年寄りまで幅広い世代に愛されている商品です。

のりの風味に鰹とほたての旨みがアクセントになっているため、そばだけでなくご飯のお供や和え物にもよく合います。これひとつで味付けができるレシピもたくさんあるので、何を作ろうかいつも迷ってしまうという方には、一本あると便利ですね。

レシピはこちら

ザーサイ冷やし茶漬け

ザーサイを使ってさっぱりと食べられる冷やし茶漬けで「ちょっと小腹が空いたな」というときにも、簡単につくることができるのでおすすめです。

ご飯に桃屋の「味付榨菜」を乗せて、冷たいウーロン茶をかけ、いりごまを乗せるだけなので、火を使わずに作ることができます。

お好みで刻みネギなどを乗せるのも、アクセントになるので試してみてはいかがでしょうか。

桃屋の「味付榨菜」は、10数種の香辛料を使用し、1年にわたってかめの中で発酵熟成させるザーサイ本来の伝統製法で作られています。

桃屋の「味付榨菜」は旨みがぎゅっと詰まっているので、お茶漬けにしてもザーサイの風味がしっかりと感じられます。

レシピはこちら

しらすしょうが丼

しらすしょうが丼も、火を使わずに調理できる簡単メニューなので、夏の暑い時期にぴったりです。

ご飯にカルシウムたっぷりのしらすと桃屋の「きざみしょうが」を乗せるだけでできる簡単丼で、アレンジとしておにぎりにするとお弁当にも最適です。

レシピで使用している桃屋の「きざみしょうが」は黄生姜を使用しており、爽やかな香りとシャキシャキとした食感が特徴で、しらすとの相性も抜群です。

お好みで大根おろしを乗せてもさっぱりと食べられるので、試してみてはいかがでしょうか。

レシピはこちら

冷汁

冷汁は宮崎のご当地料理として知られている、夏でもさっぱりと食べられるメニューです。

木綿豆腐、きゅうり、大葉などを白だしや味噌で味付けし、ご飯にかけた料理です。

体を冷やす効果があるとされるきゅうりや、食欲増進に効果的な「アルファピネン」という成分を含むみょうがを摂取できるので、夏バテ予防に最適です。

冷汁の味の決め手となるだしに桃屋の「醤油を使わずに厚削り一番だしと焼あごだしで仕上げた白だし」を使うことで、だしの香り豊かな冷汁になります。

冷蔵庫でしっかりと冷やして食べると、暑い時期でもさらっと食べられるのでおすすめです。

レシピはこちら

らっきょうとタコのマリネ

らっきょうとタコのマリネは、爽やかならっきょうと弾力のあるタコの食感が楽しめるメニューです。

夏バテ予防に効果的な栄養素であるビタミンCを多く含むレモン汁を使用したレシピなので、食欲がないときもさっぱりと食べることができます。

こちらのメニューも火を使わずに調理できるので、あと一品追加したいときにも役立ちます。
桃屋の「花らっきょう」は小粒ながら繊維が細かく、らっきょう本来の旨みとシャキシャキ感がくせになる甘酢漬けです。

市販のらっきょう漬けは高塩分で漬けこんで、それを水で洗い流したものが主流となっていますが、桃屋の「花らっきょう」は素材の旨みを引き出す製法を大切にしています。独自の乳酸菌を使用して充分に乳酸発酵させているため、酸っぱすぎず、甘すぎない、らっきょう本来の味が楽しめます。

甘酢っぱい味とシャキシャキ食感が楽しく、料理にはもちろん、おつまみにもおすすめです。

レシピはこちら

薬味たっぷりサラダ のりわさびドレッシング

薬味たっぷりサラダ のりわさびドレッシングに使用しているみょうがや大葉は、夏バテ予防に効果的な栄養素が豊富に含まれています。

みょうがに含まれる「アルファピネン」や大葉に含まれる「ぺリルアルデヒド」には、食欲増進効果があるので、夏のメニューにぴったりです。

薬味の香りが爽やかなサラダなので、さっぱりと食べることができます。かいわれ大根やリーフレタスに薬味をプラスして、桃屋の「ごはんですよ!」で作ったドレッシングをかけて完成です。

ドレッシングは桃屋の「ごはんですよ!」に練りわさび、酢、サラダ油、塩こしょうを混ぜ合わせます。

サラダの野菜にプラスしてお刺身やかまぼこなどを加えると、たんぱく質も摂取できるのでおすすめです。

レシピはこちら

ささみときゅうりの梅ごのみ和え

ささみときゅうりの梅ごのみ和えは、梅の酸味がアクセントになるさっぱりとした和えものです。

梅干しに含まれるクエン酸は、疲労回復や抗菌作用があるとされています。また、梅干しは漬け込む際に塩も使用しているため、熱中症予防として塩分補給ができる夏バテ予防に最強の食材です。

桃屋の「梅ごのみ」を使うことで、梅干し本来の酸味に加えて昆布・かつおぶし・紫蘇の風味が広がり、奥行きのある味わいになります。

梅干しの種を取り除く手間も省けるので、調理時間を短縮したい方にもおすすめです。

レシピはこちら

まとめ

夏は、身体に熱がこもり、夏バテや疲労が溜まりやすい季節です。そんな方のためにも、今回は簡単に作れるおいしいさっぱりレシピをご紹介しました。

いつものメニューに、夏バテ予防に効果的な食材をプラスすることで夏の暑さに負けない体づくりにも役立ちます。

また、夏は、夏バテや暑さによる疲れから、簡単に作れるレシピや、火を使わないレシピが大活躍する季節ではないでしょうか。

時短したいときやもう一品追加したいときには、桃屋の調味料やびん詰めが役立ちますので、ぜひ取り入れてみてください。