沿革

1920年(大正9年) 小出孝男、合名会社桃屋商店を創業
京橋区南鍛冶町にて、漬物類壜缶詰の製造販売を開始
「花らっきょう」「鯛みそ」発売
野菜みりん漬

野菜みりん漬

福神漬

福神漬

花らっきょう

花らっきょう

鯛みそ

鯛みそ

1921年(大正10年) 中野区野方に野菜みりん漬缶詰工場を新設
1922年(大正11年) 本社を西八丁堀に置く
1923年(大正12年) 関東大震災により本社工場消失、中野工場にて操業
1924年(大正13年) 千葉県船橋港に枇杷缶詰工場創業
1925年(大正14年) 漬物類を製造販売する一方、大手問屋から商品を仕入れて、デパート・小売店に積極販売
1930年(昭和5年) 創業10年を迎え、経営も軌道にのってきたことから、各種壜缶詰製品の拡売を推進
1936年(昭和11年) ソウル、旅大、長春、天津、瀋陽、ハルピンに代理店を置き、缶詰輸出を促進
1938年(昭和13年) 果実缶詰を静岡、千葉、山形、岡山の会社で製造し、一流問屋、デパートに納入
「盆暮れのフルーツは桃屋」との評判で、その扱い高はトップの座を占める
白桃缶詰

白桃缶詰

房州枇杷缶詰

房州枇杷缶詰

フルーツサラダ

フルーツサラダ

1943年(昭和18年) 戦時統制下の企業合同により、他の2社と東興食品合同会社を設立
1944年(昭和19年) 強制疎開により、西八丁堀から日本橋蛎殻町に工場を移転
1945年(昭和20年) 東京大空襲により工場を全焼。ただちに幡ヶ谷に工場再建を図るが、再度空襲にあう
京橋区小田原町に工場を借りて操業開始
1947年(昭和22年) 終戦により合併を解き、社名を桃屋食品工業株式会社に改称
1950年(昭和25年) 江戸むらさき(昭和25年当時) 壜詰、フルーツ缶詰の二本立てから壜詰へ一本化
社名を現在の株式会社桃屋に改称
現取締役相談役 小出孝之入社
砂糖統制解除により「花らっきょう」の製造再開
「江戸むらさき」の発売により、売上が一挙に倍増する
1952年(昭和27年) いか塩辛 「いか塩辛」発売
1953年(昭和28年) 本社第一工場、事務所棟(4階建)新築落成
1955年(昭和30年) 宣伝カー 松阪出張所(現松阪工場)を開設
この頃より販売促進の一手段として「宣伝カー」を活用
1956年(昭和31年) 生産設備の増強をはかり、企業の体質強化と販売市場の拡大を積極的に展開
手作業からコンベアシステムへ転換し、生産量は4倍増を記録
1957年(昭和32年) スクリューキャップの導入
1958年(昭和33年) “のり平アニメ”テレビコマーシャル集中スポット開始
1964年(昭和39年) 大阪出張所を開設
1966年(昭和41年) 扇橋配送センターを開設
1967年(昭和42年) 本社新館5階建新築落成。本館落成。
1968年(昭和43年) 「味付メンマ」、「味付榨菜」発売
味付メンマ

味付メンマ

味付榨菜

味付榨菜

1970年(昭和45年) 埼玉県春日部市に第1期工事として春日部第1工場、事務所、厚生棟新築落成
1971年(昭和46年) 小出孝男社長、会長に。小出孝之専務、社長に。
1972年(昭和47年) 梅ごのみ 「梅ごのみ」発売
1973年(昭和48年) ごはんですよ! 第2期工事として、春日部第2工場、研究所棟新築落成
蛎殻町本社工場を発展的に春日部工場に集約
福岡出張所、名古屋出張所を開設
「ごはんですよ!」発売
1974年(昭和49年) 札幌出張所、仙台出張所を開設し、販売網の拡大・強化の緒につく
1975年(昭和50年) キムチの素 小出孝男会長、相談役に就任
「キムチの素」発売
1976年(昭和51年) 「つゆ小徳利」発売
第16回ACC CMフェスティバル 全日本CM大賞 受賞
「桃屋の花らっきょう・根切り 篇」
1977年(昭和52年) 五目寿司のたね大壜 「五目寿司のたね大壜」発売
1978年(昭和53年) つゆ大徳利 「つゆ大徳利」発売
1979年(昭和54年) 第3期工事として春日部第3工場新築落成
広島出張所を開設
1980年(昭和55年) 新潟出張所を開設
小出孝男逝去、従五位に叙せられる
1983年(昭和58年) 高松駐在所、金沢駐在所を開設
1984年(昭和59年) 本社新社屋完成
静岡駐在所を開設
1985年(昭和60年) 関東営業所を春日部市から大宮市に移転
1987年(昭和62年) 穂先メンマやわらぎ セーフティボタン付きツイストキャップ導入。キャッピングマシンによる強制脱気により、一層の品質向上と鮮度の維持を図る
「穂先メンマやわらぎ」発売
1988年(昭和63年) 新研究所完成。生産技術、農産物加工などの基礎技術や新製品の研究開発、バイオテクノロジーを活用した研究の拡充体制が整う
1991年(平成3年) 新総合販売政策スタート
1992年(平成4年) 応用研究分野で農林水産省食品総合研究所との共同研究グループがマツタケから癌の増殖を抑制するタンパク質を発見、国内と英国で学会発表。
日中国交正常化20年目にあたり、創業70周年記念事業の一環として中国四川省フーリンに少年宮を建設寄贈
1993年(平成5年) 「北京国際マラソン」冠スポンサー
1994年(平成6年) 新方針「原料革命」に基づく経営改革スタート
1995年(平成7年) 野田倉庫、北陸倉庫完成竣工
1996年(平成8年) 珠江食品工業有限公司(中国)と合弁契約締結
1997年(平成9年) 小出孝之社長、農林水産大臣感謝状受領
珠江食品工業有限公司(中国)の登録資本の約64%相当額を買収、小出孝之会長が董事長に就任、日台合弁の独資企業としてスタート
1998年(平成10年) 唐がらしのり 「唐がらしのり」発売
1999年(平成11年) 製品の密閉性を高めるため、「つゆ」で初めて「セーフティボタン」を使用
2000年(平成12年) 創業80周年
「危機管理対策本部」の陣容強化
2001年(平成13年) つゆ淡麗 「つゆ淡麗」発売
2002年(平成14年) 小出孝之会長 小出孝之会長、黄綬褒章受章
2004年(平成16年) 新松阪工場竣工、本格稼働。
海苔原材料の選別段階における異物除去の徹底と品質向上が進む。
2008年(平成20年) 江戸むらさき 生のり 「江戸むらさき 生のり」発売
2009年(平成21年) 「塩だしつゆ」、「辛そうで辛くない少し辛いラー油」発売
塩だしつゆ

塩だしつゆ

辛そうで辛くない少し辛いラー油

辛そうで辛くない少し辛いラー油

2010年(平成22年) 「辛そうで辛くない少し辛いラー油」が創業以来最大のヒット商品となる。
製造部門では緊急に増産体制を敷いたが、間に合わず割当出荷の体制をとる。
3月、主要新聞朝刊に「品薄に関するお詫び広告」を掲載。
「ユーキャン新語・流行語大賞」、「小学館DIMEトレンド大賞」
「日本食糧新聞社 優秀ヒット賞・食品ヒット大賞」、「日本ガラスびん協会特別賞」受賞
2011年(平成23年) 小出雄二入社、代表取締役社長に就任
2012年(平成24年) 「きざみにんにく」、「きざみしょうが」発売
きざみにんにく

きざみにんにく

きざみしょうが

きざみしょうが

2014年(平成26年) さあさあ生七味とうがらし山椒はピリリ結構なお味 「さあさあ生七味とうがらし山椒はピリリ結構なお味」発売
2015年(平成27年) 小出孝之、取締役相談役に就任
2016年(平成28年) 「角切りのり ごまラー油味」、「江戸むらさき 柚子とうがらしのり」、「トムヤムクンの素」発売
角切りのり ごまラー油味

角切りのり
ごまラー油味

江戸むらさき 柚子とうがらしのり

江戸むらさき
柚子とうがらしのり

トムヤムクンの素

トムヤムクンの素