開発秘話

江戸むらさきの瓶

(昭和28年当時)

戦後の原材料統制が解除されて間もない1950(昭和25)年、桃屋の戦後初の新商品が 「江戸むらさき」でした。統制解除といっても、砂糖や醤油は相変わらず入手しにくい 時期でしたが、本物にこだわり、原料を集めました。伊勢湾で採れた青海苔。 これは天日干しですから、自然のゴミがついています。それを丹念に取り除き、 醤油、砂糖、水あめとともに釜に入れ、しゃもじでかき回して煮詰め、手でひと瓶ずつ詰めて ラベルも手貼りして出荷。
ラベルには「良い海苔 良い味 江戸むらさき」の文字があります。 これは「何はなくとも江戸むらさき」のキャッチフレーズができる前から
続くコピーです。 当時はサッカリンなど人口甘味料を使った商品が多く、みんな本物の味に飢えていました。 こうした時代に発売された本物志向の「江戸むらさき」は瞬く間にお茶の間に浸透しました。 機械化された現在も製法や味は当時のままです。ラベルや壜型のリニューアルは何度かありましたが、 「良い海苔 良い味」のコピーのとおり、原料や製法にこだわった「江戸むらさき」は、 半世紀以上も変わらぬ美味しさを守り続けています。

ごはんですよ!の瓶

(昭和48年当時)

海苔佃煮といえば、それまでご飯の上にトンと乗るような固さがありました。新商品の開発コンセプトは、子どもによりおいしく食べてもらえる海苔佃煮をつくろうと考えました。そこで考えた方法が、乾燥海苔から生海苔への変更でした。生海苔のほうが、葉の形状が損なわれず、長いままつかえます。そのために新しい機械を導入。古い機械は社長の鶴の一声で解体されました。古い機械があると、失敗をしても乾燥海苔でやり直せばいいと思いがちです。背水の陣で新商品を開発せよということで「ごはんですよ!」は完成しました。