簡単に作れるキャベツレシピ13選!人気の定番料理からおつまみまで紹介

さまざまな味付けや調理法ができて、年中手に入るキャベツは家計の強い味方です。冷蔵庫に常に入っているという家庭も多いのではないでしょうか。中でも、春に収穫される春キャベツが好きだという人も多いと思います。今回は、春キャベツを使った簡単レシピについて紹介します。


この記事は約9分で読み終わります。

栄養満点!たっぷりキャベツが食べられるかんたんレシピ13選

食卓に並ぶ野菜の定番として挙げられるのがキャベツです。キャベツにはビタミンC・K、葉酸などのほか、胃の粘膜を保護したり修復を促したりする成分であるビタミンU(通称・キャベジン)も含まれており、積極的に取り入れたい食材でもあります。

そんな栄養満点のキャベツを味わい尽くすかんたんレシピを紹介します。

キャベツたっぷり!がっつりメインレシピ5選

まずは、キャベツをたっぷり使ったボリューム満点のメインレシピを見てみましょう。

回鍋肉

中華料理の定番ともいえる回鍋肉は、ジューシーな豚肉と香ばしい風味がおいしい人気メニューです。味付けは桃屋の「野菜においしいにんにくみそ」だけなので、料理の手間を省きたいときにもパパッと作ることができますよ。

桃屋の「野菜においしいにんにくみそ」は、辛口みそと甘口みそ、韓国産コチュジャンをブレンドしたものをベースに、にんにくやみりんなどを合わせた商品です。これ1本で味付けが完了しますよ。

レシピはこちら

鶏ちゃん

岐阜県の郷土料理として親しまれている鶏ちゃんも、桃屋の「キムチの素」を使えば簡単におうちで楽しむことができます。桃屋の「キムチの素」の奥深い辛さと味噌のコクが食欲をそそるメニューです。

炒めたキャベツの甘みを感じることができ、いくらでもごはんが進みます。お酒のおつまみとしてもおすすめです。家族みんなで楽しめる鶏ちゃんにぜひ挑戦してみましょう。

レシピはこちら

チーズタッカルビ

たっぷりの野菜ととろけるチーズがおいしいチーズタッカルビは、夜ごはんのおかずやパーティーにも活躍する料理です。桃屋の「キムチの素」を使えば、奥深い辛さが食欲をそそり、ごはんもお酒も進むこと間違いありません。

桃屋の「キムチの素」は、にんにくやしょうが、フルーツ、野菜をふんだんに使用した濃厚仕上げのうま辛万能調味料です。チャーハンや和え物、煮物にも使えるので、ご家庭に1本あるととても便利です。

レシピはこちら

キャベツと肉団子のキムチ鍋

鍋の具材といえば白菜が主流ですが、キャベツを使った鍋もおすすめです。

鍋料理の定番ともいえるキムチ鍋のときこそ、桃屋の「キムチの素」の出番です。2種類の唐辛子をブレンドし魚介や野菜、フルーツを混ぜ合わせた濃厚仕上げなので、キムチ鍋のスープにも深みが出ます。

たっぷりのキャベツ、肉団子と一緒に、熱々のキムチ鍋を楽しみましょう。

レシピはこちら

いか塩辛とキャベツのパスタ

いかの塩辛といえば、日本酒に合いそうな「和」のイメージですが、桃屋の「いか塩辛」はアンチョビ代わりにもなるので、パスタの具材や調味料として使えます。

桃屋の「いか塩辛」は国産のするめいかのみを使用したこだわりの商品です。塩辛にするために15日~20日熟成させているので、いかの旨みを引き出し、臭みなどが少なく、食べやすくなっています。

桃屋の「いか塩辛」とにんにくを弱火でじっくり炒め、いかの旨みをたっぷりとオリーブオイルに移すことで、パスタと甘みのあるキャベツに桃屋の「いか塩辛」の旨みが絡み、やみつきになること間違いなしです。

レシピはこちら

ささっと作れる!副菜レシピ8選

キャベツは皮をむいたりヘタを取ったりする手間がなく、洗ってざく切りにするだけで使えるので時短メニューに向いています。しかも、さまざまな味付けや調理法があるので、味付けを変えるだけでバリエーション豊富な副菜ができるのです。

ここでは、忙しいときでも素早く作れる副菜のレシピを見てみましょう。

キャベツといか塩辛の炒め物

キャベツと桃屋の「いか塩辛」さえあれば、いつでも作れる超時短レシピです。桃屋の「いか塩辛」のコクと旨みがキャベツと絡み合い、やみつきになる味わいです。

おかずだけでなく、お酒にもよく合うので、晩酌に添える一品としてもぜひ作ってみてくださいね。

伝統的な樽仕込み製法で作られた桃屋の「いか塩辛」は、いかの旨みが最大限に感じられるので、お茶漬けやじゃがバターに乗せるだけでも、よいアクセントになります。

レシピはこちら

無限キャベツ

無限キャベツ、無限ピーマンなどが話題になり、すっかり副菜の定番として無限シリーズが定着しました。

桃屋の「醤油を使わずに厚削り一番だしと焼あごだしで仕上げた白だし」を使えば、あっという間に箸が止まらない無限キャベツの完成です。白だしとごま油が絶妙にマッチし、癖になる味わいになります。

桃屋の「醤油を使わずに厚削り一番だしと焼あごだしで仕上げた白だし」は、かつおぶし、焼あご、さばぶし、しいたけなどの複合だしをベースに作られた本格だしです。醤油を使用していないので、素材の色合いを活かした料理ができあがります。

芳醇な旨みが特徴で、蒸し物、炒め物、煮物、汁物などにおすすめです。

レシピはこちら

ハルピンキャベツ

ゴルフ場で人気の「ハルピンキャベツ」は、桃屋の「きざみにんにく」で簡単に作れます。キャベツの甘みに、にんにくの風味がガツンときいたスタミナ副菜です。

とにかく簡単なので、食べたいときにさっと作ることができます。箸休めにもなるので、常備しておきたい一皿です。

レシピはこちら

キャベツの角切りのり和え

食べやすい大きさに切ったキャベツに、桃屋の「角切りのりごまラー油味」を和えるだけの時短レシピです。素材の甘味とラー油のピリ辛味がマッチし、ごはんのおかずにも、お酒のおつまみにもおすすめです。

桃屋の「角切りのりごまラー油味」は、カットした国産黒板海苔を独自の「バラ煮製法」で調理し、海苔本来の歯ごたえを残しているのが特徴です。コクの深い濃厚な味わいに仕上げてあるため、野菜と和えるだけで満足感のある一品に仕上がりますよ。

レシピはこちら

キャベツとちくわの海苔和え

学校給食でもおなじみの懐かしいメニューで、ちくわとざく切りキャベツの食感が楽しめます。
味つけは桃屋の「ごはんですよ!」のみで、簡単に味が決まりますよ。

桃屋の「ごはんですよ!」は、海苔佃煮の代名詞ともいえるロングセラー商品で、野菜の味を引き立ててくれます。にんじんやほうれん草といったキャベツ以外の野菜を加えてもおいしく作れます。

レシピはこちら

キャベツとりんごのキムチ和え

塩もみしたキャベツにりんごを加えたさっぱりしたメニューです。爽やかな味わいのなかに桃屋の「キムチの素」の奥深い辛さがアクセントになり、どんどん食べられてしまうやみつきな一品に仕上がります。

りんごを皮が付いたまま加えることで食感がさらによくなり、栄養もたっぷり摂れます。簡単に作れるので、もう一品欲しいときにも重宝する副菜です。

レシピはこちら

キャベツとサラダチキンのしょうが和え

今や食卓の定番となったサラダチキンとキャベツを、桃屋の「きざみしょうが」で和えるだけのレシピです。シャキシャキ食感と爽やかな香りのしょうががキャベツの甘味を引き立てます。

桃屋の「きざみしょうが」は隠し味に鶏や野菜の旨み、ごま油で味つけしているので、ほかの調味料なしでもおいしく作れるのが強みです。和え物以外のレシピにも使いやすいため、常に1本置いておきたい調味料です。

レシピはこちら

キャベツのお浸し

ベーシックな和食で素材の味を存分に活かせるお浸しも、桃屋の「醤油を使わずに厚削り一番だしと焼あごだしで仕上げた白だし」を使えば簡単に作れます。最後にふりかけるかつおぶしと相まって、だしの香りが豊かに仕上がるのも魅力です。

キャベツは塩ゆでして、彩りよく仕上げた後で味をつけます。桃屋の「醤油を使わずに厚削り一番だしと焼あごだしで仕上げた白だし」は醤油を使わず、素材の自然な色合いを残すことができるため、食卓を一層華やかにしたいときにおすすめです。

レシピはこちら

今回紹介したレシピ一覧

1.回鍋肉

2.鶏ちゃん

3.チーズタッカルビ

4.キャベツと肉団子のキムチ鍋

5.いか塩辛とキャベツのパスタ

6.キャベツといか塩辛の炒め物

7.無限キャベツ

8.ハルピンキャベツ

9.キャベツの角切り海苔和え

10.キャベツとちくわの海苔和え

11.キャベツとりんごのキムチ和え

12.キャベツとサラダチキンのしょうが和え

13.キャベツのお浸し

今回紹介した桃屋の商品一覧

桃屋の「野菜においしいにんにくみそ」
今回使用しているレシピ:回鍋肉

桃屋の「キムチの素」
今回使用しているレシピ:鶏ちゃん、チーズタッカルビ、キャベツと肉団子のキムチ鍋、キャベツとりんごのキムチ和え

桃屋の「いか塩辛」
今回使用しているレシピ:いか塩辛とキャベツのパスタ、キャベツといか塩辛の炒め物

桃屋の「醤油を使わずに厚削り一番だしと焼あごだしで仕上げた白だし」
今回使用しているレシピ:無限キャベツ、キャベツのお浸し

桃屋の「きざみにんにく」
今回使用しているレシピ:ハルピンキャベツ

桃屋の「きざみしょうが」
今回使用しているレシピ:キャベツとサラダチキンのしょうが和え

桃屋の「角切りのりごまラー油味」
今回使用しているレシピ:キャベツの角切り海苔和え

桃屋の「ごはんですよ!」
今回使用しているレシピ:キャベツとちくわの海苔和え

キャベツの栄養を活かして調理するコツとは

キャベツに含まれるビタミン類の多くは水溶性で、水やお湯を使った調理法に弱い性質があります。そのため、短い時間でさっとゆでたり、水にさらしすぎないようにしたりと注意が必要です。キャベツのゆで汁もスープとして活用すると、溶けだした栄養も余さず摂れますよ。

一方で、ビタミンKは脂溶性で油との相性がよいのが特徴です。油を使った炒め物に使ったり、ごま油やなたね油を使った調味料と和えて使ったりするといいでしょう。

まとめ

今回は、キャベツを使ったかんたんレシピを紹介しました。キャベツは通年手に入り、価格も安定しているため、家計の味方です。食感もよく、色んな味付けに合うので、ぜひ今回紹介したレシピも試してみてくださいね。

メニューのバリエーションが欲しいなら、桃屋のびん詰や調味料がおすすめです。お気に入りの商品を見つけて常備しておくと、毎日のお料理が楽しくなることは間違いありません。