漬物だけじゃない。ザーサイの魅力と食卓を彩る簡単レシピ

ザーサイは、中華料理の定番として知られています。そのままお酒のおつまみとしてもおいしいですが、いろんな料理に使うこともできます。 今回は、桃屋の「味付榨菜」を使った簡単レシピを10品紹介します。


この記事は約6分で読み終わります。

中華の定番漬物「ザーサイ」とは

中華食材として馴染みのあるザーサイですが、正確には「ザーサイ漬け」と呼ばれます。「畑のアワビ」ともいわれ、こりこりとした食感が特徴の食材です。

ザーサイはでこぼことした見た目が特徴的で、茎の部分がこぶ状に膨らんでいます。漬物にするのは、でこぼこした茎の部分です。高菜の仲間とされる野菜で、基本的に葉は使用せず、茎を塩漬けすることで、やわらかく食べやすい形になります。

ザーサイの食べ方

ザーサイは、漬物としてそのまま食べる以外にも、料理の調味料や具材として使える食材です。

中国四川省で栽培が始まったとされ、桃屋がびん詰の「味付榨菜」として紹介してから日本でもよく食べられるようになりました。中国ではザーサイの原料である「青菜頭」を生のまま食べることもあり、ピリッとした辛さがあるおいしい野菜です。

ザーサイは、そのままご飯のお供として食卓に並べたり、麺類や中華粥のトッピングとしても楽しめるでしょう。こりこりとした食感と独特な風味と旨みが、料理をおいしくしてくれます。

肉や魚と一緒に食べたり、チャーハンに旨みやコクをプラスしたりと、レパートリーも無限大です。丸ごと売られている市販品を使用する際は、塩気が強いので塩抜きしてから使いましょう。

ザーサイ漬けを適当な大きさに切ってから、たっぷりの水に30分~1時間ほどさらしてください。好みの塩加減に調整してから調理しましょう。

ザーサイを使った簡単レシピ10選!

ザーサイには食を誘う独特な香辛料の風味とともに、旨みやコクが含まれているため、料理の調味料や具材としても大活躍します。これから紹介するレシピを参考にしながら、ザーサイレシピの幅を広げてみてください。

ザーサイを使うなら、桃屋の「味付榨菜」がおすすめ

ザーサイを使うなら、桃屋の「味付榨菜」がおすすめです。収穫からびん詰まで約2年間もの手間と時間をかけて独特な風味、食感、熟成された旨みが醸しだされています。そのままご飯のおかずや前菜としても活用できるほか、調味料や具材としても大活躍します。

主食におすすめ!簡単レシピ

まずは、桃屋の「味付榨菜」を使った、主食におすすめのレシピを3種紹介します。

ザーサイチャーハン

ザーサイメニューの定番といえば、チャーハンではないでしょうか。味付けは桃屋の「味付榨菜」と塩だけで、失敗なしのおいしいチャーハンが完成します。

ザーサイのほどよい塩気と酸味が食欲をそそり、チャーハン本来の美味しさをより一層引き立てます。

ご飯がベチャッとなってうまくパラパラにできない・・・という人は、以下のコツを試してみてくださいね。
・炒める前に、ご飯を水洗いする
・フライパンは振らない
・中火で、一粒一粒ほぐすように炒める

レシピはこちら

ザーサイのり巻き

お新香巻きといえば、たくあん漬けや味噌漬けのやまごぼうなどがポピュラーですが、桃屋の「味付榨菜」を使ったザーサイのり巻きもおすすめです。

レシピはこちら

ザーサイとひき肉のポケットサンド

まるで中華まんのようなポケットサンド。食パンに切り込みを入れて具材を詰めるだけなので簡単に作れます。見た目も可愛く、手を汚さず持って食べられます。

レシピはこちら

食卓のメインに!お肉を使った簡単レシピ

ザーサイはお肉とあわせれば、食卓のメインを飾るメニューにもなるでしょう。

牛肉とザーサイの炒め物

牛肉とザーサイの炒め物は、桃屋の「味付榨菜」の風味が活きたボリューム満点のおかずです。しっかり炒めて味を絡ませるのがおいしく作るポイントです。

レシピはこちら

豚肉とザーサイの蒸し物

レンチンで簡単に作れるメイン料理は忙しいときにも大活躍します。お肉に桃屋の「味付榨菜」の旨みが染み渡り、食欲をそそる一品です。フライパンを使わず作れるので、洗い物の手間がほとんどかかりません。

レシピはこちら

ザーサイ肉そぼろ

冷めてもおいしいザーサイ肉そぼろ。アレンジしやすく、ご飯や冷奴などと相性抜群です。常備菜として冷蔵庫に保存しておけば、いつでも必要なときに使えます。お肉たっぷりなので、たんぱく質が足りないときの栄養補給におすすめです。

レシピはこちら

ザーサイハンバーグ

エスニックなおいしさがくせになる、ザーサイハンバーグもおすすめです。インパクト抜群なハンバーグで、ザーサイの旨みもたっぷり。味付けは桃屋の「味付榨菜」だけで調味料は必要ありません。ハンバーグにのせるトッピング次第で中華風になったり、エスニック風になったりいろいろなアレンジハンバーグが楽しめます。

レシピはこちら

「あと一品」に最適!簡単レシピ

食卓が寂しいときに、かんたんレシピを活用してみませんか。「あと一品」欲しいとき、サッと作れて便利なレシピを紹介します。

シャキシャキじゃがいもとザーサイのマヨネーズ和え

ザーサイを使った、新感覚のポテトサラダはいかがですか。じゃがいもとザーサイの食感が楽しい一品です。ブラックペッパーでパンチを効かせて味に変化を加えましょう。

レシピはこちら

厚揚げとザーサイ煮

味付けは桃屋の「味付榨菜」のみ。桃屋の「味付榨菜」の旨みが染み込んだ厚揚げは絶品です。一口食べれば、ザーサイの旨みが口いっぱいに広がります。かいわれ大根をトッピングして、彩り豊かに仕上げましょう。

レシピはこちら

豚肉と白菜のザーサイスープ

豚肉とザーサイを煮込むだけの超簡単レシピです。煮込むことで桃屋の「味付榨菜」の旨みがスープに溶け出します。白菜の芯が余ったら、ぜひ作ってみてください。もちろん葉っぱの部分をいれてもおいしく頂けます。

具材たっぷりのスープで、お腹がすいたときにもおすすめのメニューです。

レシピはこちら

今回紹介したレシピ一覧

1.ザーサイチャーハン

2.ザーサイののり巻き

3.ザーサイとひき肉のポケットサンド

4.牛肉とザーサイの炒め物

5.豚肉とザーサイの蒸し物

6.ザーサイ肉そぼろ

7.ザーサイハンバーグ

8.シャキシャキじゃがいもとザーサイのマヨネーズ和え

9.厚揚げとザーサイ煮

10.豚肉と白菜のザーサイスープ

今回紹介した桃屋の商品一覧

桃屋の「味付榨菜」

まとめ

ザーサイはそのままでもおいしく食べられますが、こりこりした食感や奥深い味わいをさまざまな料理に活かしてみませんか。具材や調味料の二役になる桃屋の「味付榨菜」は、使い方次第で新しい発見に繋がるでしょう。ぜひ活用して、ザーサイのアレンジレシピを楽しんでくださいね。