海老を使った簡単レシピ6選!メイン料理からスープまで紹介!

海老は高たんぱく、低糖質、低脂質食材で、洋食、中華、和食問わずさまざまな料理に合う魚介です。おいしくて栄養価も高い海老ですが、殻剥きや背ワタ取り、臭み取りなど下処理に手間がかかることを面倒に感じている方も多いでしょう。 今回は、海老を使って簡単にできるレシピだけでなく、海老の下処理や保存方法のコツについても紹介していきます。


この記事は約6分で読み終わります。

海老の下処理や保存方法とは?

海老をおいしく調理するには、まず丁寧に下処理を行うことが重要です。ここからは、海老の下処理方法や注意点、さらに保存方法に加え、海老のぷりぷり食感を引き出すコツについて紹介します。

海老の下処理方法

海老の下処理方法は、手順に沿って行いましょう。

殻剥きだけでなく、苦みやえぐみの原因となる背ワタの処理や、臭みを抜くところまでしっかりと準備しておくと料理に加えたときの味わいが良くなります。

1.海老の背ワタを取る
海老の背ワタ取りは、殻が付いたままの段階で行うと、背ワタの位置がわかりやすいので探す手間なく処理することができます。

殻付きの海老の背を丸めて、頭から2~3番目の節に、殻の間から竹串や爪楊枝を3mm程度指し、すくうようにして背ワタを取ります。

また、形を気にしない場合や海老を開いて調理するときは、殻を剥いてから背の部分に浅く包丁で切り込みを入れて取り出すことも可能です。

2.海老の殻を剥く
殻を剥くときは、お腹側に指を入れ、頭から尾にむかって剝いていきます。

もし剝きにくい場合には、背中側から節に爪を引っかけるようにして殻を剥がすと良いでしょう。

3.片栗粉と塩をかけて揉み込む
海老の下処理として、臭み取りを行っておくと調理したときに海老の風味をしっかりと感じることができるようになります。

海老の臭み取りは、殻剥きと背ワタ取りが終わった状態の海老に、片栗粉と塩をまぶし、ぬめりが出るまで揉み込むだけです。

4.水で洗う
片栗粉、塩を揉み込んでぬめりが出てきたら、水を入れたボウルに浸して洗うか流水で洗い流します。

5.水気を取る
キッチンペーパーなどで水気を取ります。とくに油を使った調理に使用するときは、油跳ねを防ぐためにもしっかりと水気を取っておきましょう。

海老の正しい保存方法

海老を保存するときは、下処理を終えた海老をラップで包んで保存袋に入れ、冷蔵庫か冷凍庫で保存します。

保存期間は、冷蔵で2~3日、冷凍で2週間程度が目安です。また、少し長めに保管しておきたい場合には、下処理後に茹でて粗熱を取った海老を重ならないように保存袋に入れ、冷蔵庫で保存しましょう。

一度火を通したものは、冷凍で3週間から1ヶ月程度保存できるので、安く購入できたときや、たくさん譲ってもらったときなどにおすすめです。

海老をぷりぷりにする方法

海老のぷりぷりとした食感を引き出すには、いくつかのコツがあります。

・重曹に漬ける
水500ccに対して重曹大さじ2、塩大さじ1を入れて20分程度漬けておく。

・卵白に漬ける
卵白1個分、酒大さじ1、片栗粉小さじ2を混ぜ、海老と混ぜ合わせる。

卵白に漬けておく方法は、海老を茹でて調理するメニューにおすすめです。ザルに取ってそのまま茹でれば良いので、ぜひ試してみてください。

ガーリックシュリンプ

ハワイで大人気のガーリックシュリンプは、にんにくの香りとバターのコクを楽しめるシンプルなメニューで、お酒にもよく合います。

桃屋の「きざみにんにく」を使えば、生のにんにくでは味わえない旨みと香ばしさをしっかりと感じることができるのでおすすめです。

また、生のにんにくを刻む手間を省けたり、まな板などに臭いが移ったりする心配もありません。

桃屋の「きざみにんにく」にはチキンブイヨンや粗びき唐辛子、黒こしょうなどが入っているので、奥深い味わいを楽しむことができます。

シンプルながらも豊かな香りが楽しめる、海老本来のおいしさを引き立ててくれるレシピです。

レシピはこちら

エビチリ

エビチリは「大好きだけど、自分で作るのは難しそう」というイメージの方もいるのではないでしょうか。

そんなときにおすすめなのが桃屋の「キムチの素」です。一般的なエビチリは、酢や豆板醤、ケチャップ、にんにく、しょうがなどさまざまな調味料や食材を使用して味付けします。

そんな手間のかかる味付けも、桃屋の「キムチの素」とケチャップ、砂糖さえあれば本格的なエビチリを家庭で楽しむことができるのでおすすめです。

桃屋の「キムチの素」は、2種の厳選した唐辛子を使用しています。粗挽き唐辛子は甘みと香りが特徴で、一味唐辛子はやや刺激的な辛味です。この2つが混ざり合って、奥深い辛さを作り出しています。

唐辛子だけでなく、魚介の旨みやフルーツの甘味がしっかり感じられるので、甘辛いおいしさに加えて奥深い味わいに仕上がります。

レシピはこちら

海老マヨ

海老マヨは、お子様にも大人気のレシピです。晩御飯のメインのおかずとしても活用できるのではないでしょうか。

桃屋の「キムチの素」にまろやかなマヨネーズのコクが相性抜群で、キムチの素の量で辛さ調整も簡単です。

唐辛子のスパイシーな味わいもしっかりと感じられるため、淡泊な海老でも濃厚な味わいに仕上がるでしょう。

桃屋の「キムチの素」1本で、エビチリ、海老マヨ両方の味付けに活用できるので、ぜひお試しください。

レシピはこちら

海老のアヒージョ

海老たっぷりのアヒージョは、見た目もおしゃれで最高においしく、お酒のおつまみにも、またバゲットと合わせておかずにもなるメニューです。

桃屋の「きざみにんにく」を使用することで、にんにくの旨みだけでなく、ローストした香ばしさがプラスされるのでアヒージョにマッチします。

みじん切りにしたにんにくなので、チューブタイプのものを使用するよりも食感を感じられ、にんにく好きの方も満足できるのではないでしょうか。

生のにんにくをみじん切りにしてローストする手間も必要なく、桃屋の「きざみにんにく」だけで味付けできるので、他の調味料を使う必要がありません。

にんにく好きな方も大満足な桃屋の「きざみにんにく」を使ったアヒージョをぜひお試しください。

レシピはこちら

チリソース

海老を使った生春巻きを作ろうと思ったとき、スイートチリソースを購入すべきか迷うところです。

市販のスイートチリソースは、購入しても生春巻き以外のメニューに使用する機会が少なく、あまりストックしていない家庭も多いのではないでしょうか。

そんなときは、桃屋の「キムチの素」が大活躍します。いつでも冷蔵庫にある調味料と桃屋の「キムチの素」を混ぜ合わせるだけで、本格的な甘辛チリソースが作れます。

また、桃屋の「キムチの素」はキムチ漬や鍋など、色んな料理に使えるうま辛万能調味料なので、1本あるとあらゆるメニューに使えて便利です。

レシピはこちら

キムチ海鮮スープ

海老は他の魚介類との相性も良く、キムチ海鮮スープは魚介の旨みとキムチのピリッとした辛さが海老を引き立ててくれます。

桃屋の「キムチの素」なら、スープの味付けに使用しても、魚介の旨みを充分に引き出して濃厚な味わいに仕上がるのでおすすめです。

桃屋の「キムチの素」は、唐辛子の辛さだけでなくフルーツの甘みも感じられるため、ほど良い辛さがおいしいスープに仕上がります。ソースや味付けとしてさまざまな料理に活用できるので、ぜひ一家に1本ストックしてみてはいかがでしょうか。

レシピはこちら

まとめ

今回紹介したぷりぷり食感になるひと手間を加えると、おいしく食べられるでしょう。

桃屋の「キムチの素」桃屋の「きざみにんにく」などを取り入れ、時短しながらぜひ本格的な海老料理を楽しんでみてください。