疲労回復できる元気が出る食べ物とは!おすすめの食材とメニューを紹介

「最近、疲れやすい」「体を動かすのも億劫になってきた」そんな風に感じることはありませんか?疲れを癒すにはいろんな方法がありますが、食事に気を付けることも疲労回復に役立ちます。 今回は、疲れたときにおすすめの元気が出る食べ物を紹介します。身体的な疲れだけでなく、精神的な疲労、睡眠不足による疲れを感じている方は、ぜひ参考にしてみてください。


この記事は約7分で読み終わります。

【症状別】元気が出る食べ物

疲れの症状はさまざまです。体に疲労物質が溜まってだるく感じることもあれば、精神的なストレスが負担になることもあります。また、思うように睡眠が取れずに疲れることもあるでしょう。

疲れを感じるときは、症状に合った対策を講じることが大切です。それぞれの症状別に元気が出る食べ物を紹介します。

疲れが取れないとき

疲れがなかなか取れない、体がだるいときに食べたいのが以下の食材です。

豚肉

・うなぎ

・豆腐

・にんにく

・ネギ

豚肉やうなぎはスタミナ食としてよく知られた食材ですが、なぜ疲労回復によいのかご存じですか?

豚肉やうなぎには、糖質からエネルギーを生成するビタミンB1が含まれているからです。ビタミンB1が不足すると、糖質を摂取してもエネルギーに変換することができず、疲労物質として体内に溜まってしまいます。その結果、疲れやすくなってしまうのです。

ビタミンB1は豚肉やうなぎに加え、豆腐にも豊富なので、疲れを感じるときはこれらの食材を意識して摂取しましょう。

また、ビタミンB1は抗酸化作用が優れているアリシンと一緒に摂ると疲労回復効果が高まります。

アリシンは、にんにくやネギになどの香りが強い野菜に含まれているため、これらの食材も一緒に摂取するのがおすすめです。生でそのまま食べるよりも、つぶしたり、刻んだり、加熱したりして食べるとさらによいとされています。

加えて、カルシウムや鉄も疲労緩和に役立つといわれています。いずれも不足しやすい栄養素なので、意識して摂りましょう。

精神的な疲れを感じるとき

忙しい毎日を送っていたり、ストレスを感じたりして、精神的に疲れることもありますよね。そんなときに食べると元気が出るのが、以下の食材・調味料です。

緑黄色野菜(にんじん、かぼちゃ、ほうれん草など)

・柑橘類(みかん、柚子、レモンなど)

・梅干し

・酢

ストレスなどで精神的に疲れると、免疫力の低下や活性酸素の増加につながります。活性酸素は、増加しすぎた場合に細胞を傷つけることがあり、栄養の摂取や老廃物の排出がうまくできなくなってしまうのです。

そこで、活性酵素への抵抗力を高めるため、抗酸化作用のある食べ物がよいとされているのです。

緑黄色野菜や柑橘類は抗酸化作用をもち、ビタミンCが多く含まれています。梅干し、酢、柑橘類は疲労回復によいとされているクエン酸が含まれていることから、これらの食材も積極的に摂るのがおすすめです。

加えて、カボチャやナッツ類に豊富なビタミンEも抗酸化作用があることで知られています。特にビタミンCとビタミンEは一緒に摂取すると抗酸化作用がアップするといわれているので、組み合わせて摂取することをおすすめします。

睡眠不良からの疲れを感じるとき

眠りにつきにくい、眠りが浅いなどの理由でぐっすり眠れないことが疲れの原因ということもあるでしょう。睡眠が満足のいくものでないと、仕事のパフォーマンスも低下してしまいます。

睡眠不良からの疲れはぐっすりと眠るのが一番ですが、眠りたくてもうまく休息が取れず、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのは、スタミナ食材であるににくを加熱、熟成、濃縮して作った熟成にんにくエキスです。熟成にんにくエキスには、アミノ酸の一種であるS-アリルシステインが高濃度に含まれており、疲労感の軽減や睡眠の質の向上につながることがわかっています。

「桃屋のいつもいきいき」は、熟成にんにくエキスと純玄米黒酢、黒みつ、きび砂糖®のみで作られた機能性表示食品です。日常生活で生じる疲労感や睡眠の質を向上する機能を確認している食品なので、睡眠不良による疲れにおすすめです。

疲れや睡眠不良で悩んでいる方は、ぜひ「桃屋のいつもいきいき」をお試しください。

元気が出る食べ物をより効果的に摂る方法

せっかく食事にこだわっても、食べ方によっては効果が十分に発揮できないこともあります。

疲れを感じるときは、元気が出る食べ物を食べるだけでなく、食べ方や栄養バランスを考えることも大切です。

疲労回復を目指して、以下のことを意識しましょう。

食べ方を意識する

疲れを感じるときは、体や精神だけでなく内臓も疲労していることが考えられます。

どんなに元気が出る食べ物を食べても、きちんと消化吸収ができないと思うような効果が得られません。「よく噛んで食べること」と「1日3食」のふたつを意識し、内臓の負担を軽減しましょう。よく噛んで食べると、唾液や胃液の分泌が促され、消化・吸収機能が活発になります。

また、1日3食きちんと食べるのも大切。朝食を抜いたり、お昼をお菓子だけで済ませたりして、つい食事が不規則になりがちな人もいることでしょう。

しかし、食べたり、食べなかったりといったことを続けていると、胃腸の働きが低下することがあります。胃腸も筋肉ですので、動かすことで鍛えられるのです。

また、1日に食べる食事をきちんと3回に分けることで、胃腸への負担を減らすことができます。血糖値の急激な変化を防ぐことができ、自律神経を整えることにもつながるので、心身によい影響を与えてくれます。

バランスを考える

バランスのとれた食事を心がけることも大切です。いくら元気が出るといわれても、同じ食べ物ばかりを食べていると、栄養が偏ってしまうおそれがあります。

元気が出る食べ物を使ったメニューにする場合でも、組み合わせる食材を工夫して栄養バランスのとれた食事内容にしましょう。

特に意識したいのが旬の食材を取り入れることです。どんな食べ物も、旬のものだと栄養価が高くなるといわれています。

季節に関わりなく出回っている食材でも、旬のものだと新鮮で味もおいしく、栄養も豊富です。しかも流通量が多いことから、価格もお手頃になるといううれしいポイントもあります。

旬の食べ物の例は以下のとおりです。

春:キャベツ、スナップえんどう、さやえんどう、アスパラガス、イチゴ など

夏:きゅうり、トマト、ゴーヤー、ピーマン、かぼちゃ、スイカ など

秋:サンマ、サツマイモ、栗、柿 など

冬:ブリ、大根、白菜、ほうれん草、ブロッコリー、小松菜、みかん など

旬の食べ物には、その季節に特に必要とされる栄養が含まれているので、毎日の献立に上手に取り入れてみてくださいね。

元気が出る食べ物を摂るなら!おすすめメニュー

「元気が出る食べ物をおいしく調理したい!」そんな方におすすめの、桃屋の「きざみにんにく」を使ったレシピを紹介します。

・スタミナ焼肉丼

豚肉とにんにくを使ったスタミナ丼です。桃屋の「きざみにんにく」と醤油だけで、簡単に作れる一品。忙しい日にもおすすめのスタミナメニューです。

・にんにく餃子

手間がかかる餃子も桃屋の「きざみにんにく」があれば、包丁とまな板なしでも簡単に完成します。具材に調味料を入れてよく混ぜ、餃子の皮で包んで焼くだけなので短時間でササッと作れます。にんにくの香りが堪らない、スタミナ餃子です。

・えびのアヒージョ

えびのぷりぷり食感、にんにくの香ばしさがおいしいバルの人気メニュー「えびのアヒージョ」です。お手軽なのに、とってもおしゃれ。ビールやワインのお供にぴったりのメニューです。

・豆苗のにんにく炒め

中華料理の定番メニューも、桃屋の「きざみにんにく」を使えば家庭でも本格的な味わいが楽しめます。サッと炒めるだけで簡単にできるので、もう一品作りたいときにもおすすめです。

・にんにくスープ

具材は卵と「きざみにんにく」だけのシンプルなスープです。簡単に作れるのにクセになるおいしさです。

まとめ

疲れを感じるときは、元気が出る食べ物を食べて、内側からの疲労回復を促しましょう。体が疲れているのか、それとも精神的に疲れているのか、もしくは睡眠不良からくる疲れなのか見極めて、症状に合った食事をとることをおすすめします。