定番からワンランク上のおつまみまで|簡単レシピを10品紹介

お酒に合うおつまみといえば乾物や焼き物などさまざまですが、たまにはいつもと違う味を楽しみたいと思いませんか。おいしいおつまみが簡単に自宅で作れたら、毎日の晩酌をより楽しめますよね。 今回は、自宅ですぐにできるおつまみレシピを紹介します。


この記事は約7分で読み終わります。

おつまみ選びのすすめ

皆様はどのようにおつまみを選んでいますか?カロリーなどを気にして選んでいるという人もいるのではないでしょうか。ここでは、身体に負担をかけないおつまみの選び方について紹介します。

低カロリー食材を使ったおつまみ

お酒は食欲を促進させる作用があり、つい食べ過ぎてしまうのが難点です。しかも、お酒を飲む時間帯は夜~夜中であることが多く、その時間におつまみを食べ過ぎるのは健康やダイエットの観点からも避けたいと考える人も多いでしょう。

そんなときは、ヘルシーな食材を使ったおつまみを考えましょう。おすすめの低カロリー食材を紹介します。

肉:鶏ささみ、鶏軟骨、砂肝
魚:アジ、カレイ、たら
野菜:キャベツ、きゅうり、もやし
そのほか:豆腐、こんにゃく

アイデア次第でさまざまなアレンジが楽しめます。茹でたり、そのまま料理に使ったりするレシピがおすすめです。

栄養豊富な食材を使ったおつまみ

せっかくおつまみを食べるなら、栄養成分にも着目しましょう。とくに意識したいのは、必須アミノ酸を含んだタンパク質です。必須アミノ酸とは体内では作り出せない成分で、主に以下の食材に多く含まれます。

肉:鶏むね肉、鶏もも肉
魚:マグロ、鯖、鰹
そのほか:卵、納豆、チーズ

アルコールを分解するときにはタンパク質が使われるため、しっかり摂っておくと二日酔いなどにも効果が期待できます。

また、ビタミン類はアルコールを分解する肝臓の働きを良くするのに役立つため、積極的に摂取したい成分です。主に以下の食材に多く含まれます。

魚:鮭、サンマ、あさり
野菜:ほうれん草、ピーマン、アボカド
そのほか:豆類

ほとんどのビタミンは体内で生成することができないため、毎日の食事に上手く取り入れることが大切です。

簡単にできるおつまみレシピ10選

ここからは、すぐにできる簡単なおつまみレシピを紹介します。おすすめ食材とも合わせて、ぜひ参考にしてみてください。

さっぱり食べられるおつまみ

まずは、さっぱり食べられるおつまみを2つ紹介します。箸休めにもなるので、普段のお食事の一品としても活躍します。

無限キャベツ

桃屋の「醤油を使わずに厚削り一番だしと焼あごだしで仕上げた白だし」を使った無限キャベツです。

無限◯◯シリーズには、ピーマンやニンジンなどさまざまな種類がありますが、「無限に食べられるほどおいしい」という意味からその名前がつけられています

桃屋の「醤油を使わずに厚削り一番だしと焼あごだしで仕上げた白だし」を使った無限キャベツは、ごま油の香ばしい香りと、上品なだしの味わいが食欲をそそる一品です。

レシピはこちら

鶏なんこつの梅水晶

居酒屋で人気の梅水晶も、桃屋の「梅ごのみ」を使えば簡単に作ることができます。梅が入ったおつまみはさっぱりとしているので、お口直しとしてもおすすめです。

鶏なんこつの旨みと梅のすっきりとした味わいがベストマッチ。大葉の爽やかな香りでさっぱりと仕上がります。見た目もきれいな一品です。

レシピはこちら

ボリューム満点おつまみ

夕食と晩酌を兼ねて、お腹も満足するおつまみを用意したいという人も多いのではないでしょうか。ここでは、お腹が空いたときにもぱぱっと作れるおつまみレシピを2つ紹介します。

ザーサイステーキ

岐阜県の郷土料理「漬物ステーキ」のアレンジレシピです。じっくり発酵させて作られたザーサイとバターが相性抜群。お酒のお供としてだけではなく、ご飯が進むおかずとしても大活躍です。

桃屋の「味付榨菜」は、伝統的な搾菜の作り方を守って製造しているこだわりの一品です。原料の青菜頭(チンツァイトウ)を風干しののち塩漬けにし、10種類以上の香辛料をまぶして甕(かめ)で約1年かけて発酵熟成させています。

コクのあるバターの組み合わせが食欲をそそります。

レシピはこちら

さばチャップ~さば缶を使ったにんにくディップ~

桃屋の「きざみにんにく」を使って、おしゃれなおつまみに挑戦してみましょう。タンパク質が摂れて保存もきく鯖缶は、家庭の強い味方です。常備しているという人も多いのではないでしょうか。

鯖缶を使ったアレンジレシピも多数登場していますが、桃屋の「きざみにんにく」とケチャップを使えば簡単におしゃれなおつまみが完成します。深みのあるにんにくの旨みと香りが食欲を引き立て、お酒も進むこと間違いなしです

レシピはこちら

定番!ピリ辛おつまみ

お酒を飲むと少し辛いおつまみが食べたくなるという人も多いのではないでしょうか。ピリ辛な味付けのおつまみはお酒も進みます。ここでは、ピリ辛味が楽しめるおつまみを4つ紹介します。

ピリ辛こんにゃく

ヘルシーなこんにゃくを使ったピリ辛味のメニュー。桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」を使えば、シンプルな食材も驚くほどおいしく仕上がります。フライドガーリックのカリッとした食感と香ばしい味わいがアクセントになり、食欲をそそります。

自社抽出した色鮮やかなラー油は、「辛いのが苦手」という人にもお試しいただける程良い辛さです。

レシピはこちら

無限ピーマン生七味和え

桃屋の「さあさあ生七味とうがらし山椒はピリリ結構なお味」とピーマンを和えるだけの簡単レシピ。和山椒の痺れる辛味と爽やかな香り、柚子の香りが口いっぱいに広がり、ピリ辛好きを唸らせる一品です。

桃屋の「さあさあ生七味とうがらし山椒はピリリ結構なお味」は、ご飯のお供や豆腐の上に乗せてもおいしく頂けるしっとりタイプの生七味。ご家庭に1本あると便利なびん詰です。

レシピはこちら

アボカドのラー油がけ

森のバターといわれるほど栄養豊富なアボカドは、実はおつまみにもぴったりの食材です。

桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」は、アボカドとの相性抜群。まったりした味わいに、フライドガーリックとフライドオニオンの香ばしさが良いアクセントになって、お酒が止まらないおいしさです。

レシピはこちら

ベビーホタテのラー油漬け

ベビーホタテに、ほんのひと手間加えた絶品おつまみです。桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」は、人の手で丁寧に揚げたフライドガーリックとフライドオニオンをたっぷりと使用しているので、カリッとした食感と香ばしさが楽しめます。

ホタテから出る旨みとラー油のほど良いピリ辛味が癖になる一品です。

レシピはこちら

お酒が進む!チーズを使ったおつまみ

最後に、チーズを使った簡単おつまみを2つ紹介します。

チーズはそのままでもおいしく、アレンジレシピにも活躍する食材。さまざまな種類があり、幅広いアイデアを楽しめます。

クリームチーズのにんにくみそ漬け

クリームチーズを桃屋の「野菜においしいにんにくみそ」で漬けたワンランク上のおつまみです。熟成した旨みがお酒にぴったり合います。バゲットにのせてもおいしくいただけるので、ぜひお試しください。

桃屋の「野菜においしいにんにくみそ」は、白甘米みそや辛口米みそなどの日本のみそに、韓国産コチュジャンをブレンドした食べるみそ。深みのある味わいの中にコチュジャンのピリ辛さも加わって、食欲そそる味付けに仕上がります。

レシピはこちら

油揚げの唐辛子みそチーズ焼き

トースターでカリッと焼いた油揚げはおつまみにぴったり。

油揚げに桃屋の「ご飯においしい唐辛子みそ」とチーズをのせて焼いた和風ピザのような一品です。

桃屋の「ご飯においしい唐辛子みそ」は青唐辛子をふんだんに使用した食べるみそです。ピリ辛味が好きな人はぜひお試しください。ご飯にのせるのはもちろん、焼き鳥や野菜につけてもおいしく頂けます。

レシピはこちら

今回紹介したレシピ一覧

1.無限キャベツ

2.鶏なんこつの梅水晶

3.ザーサイステーキ

4.さばチャップ~さば缶を使ったにんにくディップ~

5.ピリ辛こんにゃく

6.無限ピーマン生七味和え

7.アボカドのラー油がけ

8.ベビーホタテのラー油漬け

9.クリームチーズのにんにくみそ漬け

10.油揚げの唐辛子みそチーズ焼き

今回紹介した桃屋の商品一覧

桃屋の「醤油を使わずに厚削り一番だしと焼あごだしで仕上げた白だし」

桃屋の「梅ごのみ」

桃屋の「味付榨菜」

桃屋の「きざみにんにく」

桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」

桃屋の「さあさあ生七味とうがらし山椒はピリリ結構なお味」

桃屋の「野菜においしいにんにくみそ」

桃屋の「ご飯においしい唐辛子みそ」

まとめ

今回は簡単にできるおつまみについて紹介しました。晩酌はお酒だけでなくおつまみも楽しむことができます。お気に入りのおつまみを用意して大好きなお酒を飲む至福の時間に、ぜひ桃屋の人気商品をご活用ください。