家族みんなで温まろう!寒い日におすすめの時短メニュー

冬は、なるべく体を芯から温めてくれる料理が恋しい季節です。しょうがや唐辛子を使った料理が有名ですが、ほかにも寒い日に食べたいレシピがたくさんあるのです。 今回は、寒い日におすすめのレシピと献立をご紹介します。


この記事は約6分で読み終わります。

冬におすすめの食材を知ろう

食材には、あらゆる栄養素が含まれており、私たちの健康維持に役立ってくれます。夏には水分が多く、体を冷やすものを食べることが熱中症予防に効果的ですが、冬は冷え対策として血行を良くしてくれる食材を摂ると良いでしょう。

ここからは寒い冬におすすめの食材を紹介します。

血行促進に役立つ食材として有名なのはしょうがです。スープや料理に入れるのはもちろん、ココアや紅茶などの飲み物に入れるのもおすすめです。

そして、にんにくも血流を促進するほか、エネルギーの燃焼を促進する効果が期待されています。にんにくはさまざまな料理に幅広く使うことができる食材なので、アレンジも自在で便利です。

さらに、根菜類など冬が旬の野菜も水分量が少なく、ビタミンやミネラルを豊富に含むため、免疫力アップや風邪予防におすすめです。土の中で育つ野菜は体を温めるのに役立つといわれているので、野菜類を見わけるときは覚えておきましょう。

ほかにも、発酵食品である味噌は、腸内環境の改善と免疫力アップの効果が期待できます。温かいお味噌汁は寒いときに食べたい料理のひとつです。

おでんの日の献立

おでんは寒い日の定番料理のひとつです。おでんが食卓に並ぶと、寒い季節になったことを実感するという人も多いのではないでしょうか。

おでんのだしは桃屋の「醤油を使わずに厚削り一番だしと焼あごだしで仕上げた白だし」だけで簡単に作れます。だしの芳醇な味わいのなかに、おでんの具の素材の味が活き、心も体も温まる一品です。

具材の野菜や練り物からもよいだしが出るので、煮込むほどに味が凝縮しておいしくなります。

レシピはこちら

鯛めし

おでんと一緒に食べたいのは、桃屋の「醤油を使わずに厚削り一番だしと焼あごだしで仕上げた白だし」で仕上げた鯛めしです。鯛は塩を振って使うことで水分が出て味が凝縮します。その鯛のだしで寒い日もほっこり温まる一品です。

しかも、刺身用の鯛の柵を使えば、骨や皮の処理が不要なのでより手軽に作ることができます。

レシピはこちら

しょうがきゅうり

箸休めに、桃屋の「きざみしょうが」で和えて簡単に作れるしょうがきゅうりはいかがでしょうか。きゅうりは体を冷やす食材ですが、しょうがと合わせることによって体が温まる一品に仕上がります。きゅうりをたたいて使えば、味がしみこみやすくなるのでおすすめです。

レシピはこちら

まるごとトマトの炊き込みリゾットの日の献立

トマトをまるごと使ったあつあつのリゾット。材料をすべて入れて炊飯器で調理するので簡単にできます。鍋を使わず、洗う手間も省けるのも嬉しいところです。

桃屋の「きざみにんにく」は、丁寧に刻んだにんにくに香ばしさが加えられた生とはひと味違う旨みを感じられます。にんにくがしっかりと香り、とろけるチーズとトマトの相性も抜群です。

レシピはこちら

にんにくスープ

トマトのリゾットと合わせて、桃屋の「きざみにんにく」を使ったにんにくスープもおすすめです。桃屋の「きざみにんにく」が、だしとしても活躍してくれます。

コンソメと卵が入った、お子さまにもぴったりのスープです。ぜひお試しください。

レシピはこちら

シーザーサラダ

副菜に、桃屋の「いか塩辛」を使ったサラダはいかがでしょうか。アンチョビの代用品にもなる「いか塩辛」はシーザーサラダと相性が抜群です。加えて、桃屋の「きざみにんにく」を使用することで、旨みをぐっと引き立てることができます。

レシピはこちら

鶏ちゃんの日の献立

鶏ちゃんは岐阜県の郷土料理です。キャベツやもやしなどの野菜と鶏肉を炒め、味噌や醤油ベースの味付けをした料理で、ご飯にもよく合います。

桃屋の「キムチの素」と味噌を使って甘辛い鶏ちゃんを作りましょう。桃屋の「キムチの素」は、フルーツやにんにく、生姜がたっぷり入った、奥深い旨みが感じられるうま辛万能調味料です。

レシピはこちら

キムチ海鮮スープ

同じく桃屋の「キムチの素」を使った、魚介だしたっぷりのキムチ海鮮スープがおすすめです。えびやあさりなど、好きな魚介を入れて、栄養満点なスープを一緒にいただきましょう。

レシピはこちら

温豆腐

桃屋の「辛さ増し増し香ばしラー油」をかけて頂く、パンチの効いた温豆腐はいかがでしょうか。桃屋の「辛さ増し増し香ばしラー油」は、刺激的な辛さと唐辛子の香ばしさが特徴の食べるラー油です。手軽にできて体も温まる、変わり種レシピを楽しんでみてくださいね。

レシピはこちら

芋煮の日の献立

東北で愛されている芋煮を、桃屋の「キムチの素」でピリ辛風にアレンジしてみるのはいかがでしょうか。具だくさんにすれば栄養満点です。ほくほくの芋とピリ辛の味付けで、体の内からしっかりと温まりましょう。

レシピはこちら

キャベツとサラダチキンのしょうが和え

ピリ辛味の芋煮に合わせる副菜には、桃屋の「きざみしょうが」で和えた、キャベツとサラダチキンのしょうが和えがおすすめです。

桃屋の「きざみしょうが」は、上質ななたね油に包んだしょうがのため、和え物によく合います。シャキシャキ食感が楽しい一品です。

レシピはこちら

厚揚げ焼きときざみしょうが

煮物にするとおいしい厚揚げですが、こんがり焼くとひと味違うおいしさを楽しむことができます。

桃屋の「きざみしょうが」をたっぷりとのせて、いただきましょう。そのまま食べても、お好みで醤油をかけてもおいしくいただけます。

レシピはこちら

豆腐チゲ(スンドゥブ)の日の献立

スンドゥブは、ピリ辛のだしで豆腐をいただく韓国の冬の定番料理です。桃屋の「キムチの素」を使えば、旨みたっぷりのスンドゥブが簡単に作れます。野菜やフルーツ、にんにくをたっぷりと使用した、深みのある味に仕上がります。

あさりのだしが効いた温かいスンドゥブで、寒い日を乗り切りましょう。

使う豆腐はおぼろ豆腐がおすすめですが、絹豆腐でも木綿豆腐でもおいしく作れます。牛脂を加えることで、コクのあるまろやかな味わいになります。

レシピはこちら

ヤンニョムチキン

桃屋の「キムチの素」を使って、韓国料理に挑戦してみるのはいかがでしょうか。ヤンニョムチキンは日本でも人気の甘辛おかずです。

鶏もも肉でも鶏むね肉でも、どちらでもおいしく作れるので、お好みの部位で作りましょう。

レシピはこちら

色々野菜の即席キムチ

常備菜としても役に立つのが、キムチです。桃屋の「キムチの素」とお好きな野菜を使って簡単にキムチを作ることができます。野菜によって違う旨みが出るので飽きが来ないのも嬉しい一品です。さらに、ポリ袋を使えば容器が汚れず、洗い物も出ません。

レシピはこちら

まとめ

今回は、寒い日にぴったりの献立レシピを紹介しました。寒い日には、しょうがやにんにく、味噌や湯豆腐、唐辛子など体を温める食材をふんだんに使ったレシピがおすすめです。特に桃屋の「キムチの素」は、さまざまな料理に使うことができるので、冷蔵庫に常備しておいても損はありません。

寒い日は体も動かしにくく、筋肉が縮こまってしまうので疲れが出やすくなります。ぽかぽか温まる栄養満点の料理で寒い日を乗り切りましょう。